薄毛防止につながるシャンプーの方法

髪の量は多い方で、40代半ばの今でもボリュームはあるのですが、髪の分け目が目立つようになり、薄毛の兆しを感じ始めました。そうなると、シャンプーの度の抜け毛の量なども気になってきます。何事も早めに対策を立てるにこしたことはありません。美容院でそれとなく相談すると、いきなり育毛剤や育毛シャンプーに手を出さなくてもシャンプーの方法を変えるだけでも予防になると教えてもらいました。
私にとってポイントとなった点は二つです。シャンプー前にブラッシングすること。そして、シャンプーは手のひらで泡立ててから髪につけること。どちらも私はしていなかったのです。
シャンプー前のブラッシングで、髪に付いているホコリを落とすことができ、また、指どおりがよくなるので、シャンプーしながら健康な毛を引き抜いてしまうのを防止できます。
シャンプーを手で泡立てることで、少量で洗うことができ、髪への負担も少なくなるそうです。
ほんのちょっとした手間で薄毛防止につながるようです。防止できているのかどうか、はっきり実感できないのが辛いところですが、当分様子を見るつもりです。